100フラン金貨(エンジェル)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.100フラン金貨(エンジェル)を売りたいお客様へ

100フラン金貨(エンジェル)は1878年に初めて発行された金貨で、現在では記念硬貨のように投資用・収集用に人気がある金貨です。発行枚数がそれほど多くない割に世界で活発に取引が行われている金貨で、地金型金貨として価値があります。金の純度は現代で一般的に製造される金貨と比べると低いのですが、100フラン金貨(エンジェル)は大型の金貨のため含有されている金の量が多く地金相当でも高値で売ることができます。

2.100フラン金貨(エンジェル)についての解説

100フラン金貨(エンジェル)はオモテ面に憲法を書き込んでいるエンジェル(天使)の像と、右側にはフランスの象徴的な生き物である雄鶏、左側には権威の象徴といわれるファスケスが刻まれています。ウラ面にはフランス革命のモットーとして有名な「自由、博愛、平等」がデザインされている当時のフランスを表現したような金貨です。

3.100フラン金貨(エンジェル)の歴史

100フラン金貨(エンジェル)は1878年~1914年まで比較的長い期間で発行が続けられた金貨です。発行枚数も1901年から1914年までに限定すれば毎年1万枚~3万枚が発行されていて、金貨の状態には差がありますが現在でもかなりの数が残存しています。また、プルーフコインも僅かながら製造されていて、1878年に30枚、1889年に100枚という記録が残っており、もし現存すればかなりの価値が期待できます。

4.100フラン金貨(エンジェル)の希少価値

100フラン金貨(エンジェル)は発行されてからかなりの年数が経過していますので、金貨の状態によってはアンティークとしての価値があります。また、年度によって発行枚数に差があるので、1887年、1894年、1896年銘のものは希少価値が認められプレミア価格での取引が行われています。ただし、買取に関しては発行枚数の多い年度のものであれば地金相当での査定額を提示される可能性があります。

5.100フラン金貨(エンジェル)の買取査定ポイント

100フラン金貨(エンジェル)は一般的な金貨と同様、金貨のキズや汚れなどが査定のポイントとなります。発行枚数の少ない年度のものはグレードの低いものでも高い査定が期待できるので、複数の業者に査定を依頼して最も高い金額を提示してくれる業者を選ぶのが得策でしょう。

  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • 希少価値の高い年度のものか

6.100フラン金貨(エンジェル)の取引相場価格

100フラン金貨(エンジェル)の取引相場ですが、まずは発行枚数の多い年度の買取価格を把握しておきましょう。こういった年度のものは地金相当での買取になるので、1枚あたり13万円前後という値が付きます。一方、1887年、1894年、1896年といった発行枚数の少ない年度のものはカタログ価格で100万円以上の値が付いているため、買取でも相応の金額になります。100フラン金貨(エンジェル)は発行年度による価値の差が大きいので、業者に売る場合は正確な価値を見定めてもらう必要があります。

7.100フラン金貨(エンジェル)の買取についてのまとめ

100フラン金貨(エンジェル)は1878年から1914年まで発行されたフランスの金貨で、現在では投資用・収集用に人気があります。この金貨には憲法を書き込むエンジェルや雄鶏といった当時のフランスを象徴するデザインが採用されていて、アンティークコインとしても高い価値があります。100フラン金貨(エンジェル)の買取は発行年度によって大きな差があり、発行枚数の多い年度では地金相当での買取になることもある一方、発行枚数の少ない年度であれば数倍の金額での買取も期待できます。買取に出す際は金貨の状態が査定額を左右するポイントになるので、出来るだけ入手した当時の状態を保つことを心がけましょう。