岐阜県で古銭買取ができるおススメの買取店5選!

1.岐阜県で古銭を高く売るために

古銭の買取をお考えの方が気になるのは、「古銭を高く買取ってくれる買取店を探すポイントは何か」「文政小判金(偶然大吉)などの古銭を高く売るコツは何か」といったことではないでしょうか。岐阜県内には古銭の買取店が多く存在しますが、県内最大の都市である岐阜市に買取店が集中しています。また、恵那市など他県からのアクセスが良い地域にも、古銭を買い取れる店舗があります。素人では価値の判らない古銭でも、思わぬ高額の買取に繋がる可能性もあるでしょう。もちろん古銭の状態の良さや希少性などにより買取価格は変動します。高価買取実績の多いお店や、経験豊富な査定士がいるお店などのポイントを押さえて、古銭の高価買取を目指してみてはいかがでしょうか。

このページの目次

1.岐阜県で古銭を買取できる店舗一覧

古銭の査定や買取をするなら、全国的な大手買取チェーン店や岐阜県を中心に展開している買取店など、さまざまな選択肢があります。例えば、「おたからや」は岐阜県内だけでも4店舗あり、岐阜市の他、大垣市や羽島軍にも出店しています。古銭の買取に関しても豊富な実績のある「おたからざんまい」は、岐阜市の1店舗のみですが、高価買取店として人気があります。経験豊富な査定士も在籍していますので、価値の判らない古銭の買取でもおススメだといえるでしょう。他にもきめ細やかな査定に定評があり、初心者でも安心して利用できるお店もたくさんあります。本記事では岐阜県の古銭買取店舗をまとめてご紹介しています。

2-1.モノループ岐阜大垣店


	モノループ岐阜大垣店


買取店名
モノループ岐阜大垣店
WEBサイト
https://monoloop.jp/
SATEeee古銭買取事務局から一言!モノループ岐阜大垣店のここがおススメ!
モノループは愛知県に本社を持ち、岐阜県をはじめ三重県や富山県にも店舗を展開している買取専門店です。岐阜県内には9店舗あり、大垣店の他可児や多治見、下呂や高山にも出店しています。モノループ大垣店はJR大垣駅より徒歩18分と少々遠いような印象ですが、イオンタウン大垣のすぐ側にあるのでわかりやすく、大通りにも面しているので入りやすい雰囲気です。古銭の買取実績も多く、綿密な相場調査と確かな査定技術、独自の販路により高価買取を実現しているモノループはおすすめの買取店です。

2-2.金太郎 恵那中央通り店


	金太郎 恵那中央通り店


買取店名
金太郎 恵那中央通り店
WEBサイト
http://kintarou.biz/shop/22
金太郎 恵那中央通り店の買取実績

大清銀幣
買取ジャンル: 古銭
買取金額: 15,000円
大清銀幣は1911年に発行された清国の銀幣です。1911年は清朝宣統3年で、清国276年の歴史を閉じる前年であり、辛亥革命が勃発した年です。表面中央に大きく大清銀幣、上段には有圏点満洲文字で書かれた満洲語で清朝宣統3年と刻印され、裏面には皇帝を表す竜図と貨幣単位があります。重さは26.2g、銀製の円形コインで、直径は39.23mm、厚さは2.80mmです。


開国記念1円銀貨
買取ジャンル: 銀貨
買取金額: 5,000円
開国記念1圓銀貨は1927年に中国本土で発行された1ドル銀貨です。開国とは建国と同義で用いられる単語で国民党が創設した中華民国の建国を記念して作られました。この銀貨が発行された1927年には表面を飾った孫文はすでに亡くなっていましたが、その功績を称え肖像は採用されています。このコインの特徴としては星の角が6つある「六星」と5つの「五星」があり、その星の位置も上部や下部などバラエティがあることです。中にはスペルが間違えて刻印されたものも見つかっています。直径は約39mm、重さ約26.4gで銀品位88%です。


孫文1円銀貨
買取ジャンル: 銀貨
買取金額: 6,000円
孫文壱圓銀貨とは1934年に中国本土で発行された銀貨を指します。表面には孫文の肖像が描かれており、直径は約39mmで重さは約26.7gの銀品位は88%です。発行年は1933年から1935年の3年間でした。清朝末期から中華民国初期に発行されたこれら中国コインは人気が高く、中でもPCGS、NGC、ACCAの3社いずれかによって真贋の鑑定がなされているものは評価が高い傾向にあります。


SATEeee古銭買取事務局から一言!金太郎 恵那中央通り店のここがおススメ!
「金太郎 恵那中央通り店」はJR恵那駅から徒歩5分のアクセスの良さも自慢です。店舗前には専用駐車場を完備しているのでマイカーでの訪問もできます。店頭買取の他、手軽に利用できるWeb査定も無料で受けることができるので便利です。もしも自宅から遠いのでしたら費用の掛からない宅配買取りを利用する方法もあります。恵那中央通り店は恵那バロー本店前にありますので、お買い物のついでにも立ち寄りやすいお店です。お手持ちの古銭の価値が気になったら、金太郎恵那中央通り店をご利用されてはいかがでしょうか。

2-3.おたからや加納城東店


	おたからや加納城東店


買取店名
おたからや加納城東店
WEBサイト
https://kanojoto.otakaraya.net/kosen.html
SATEeee古銭買取事務局から一言!おたからや加納城東店のここがおススメ!
おたからやは全国で700店舗以上のFC加盟店を展開する大規模な買取専門店です。岐阜県内では加納城東店をはじめとする4店舗を展開しています。加納城東店は名鉄名古屋本線の茶所駅で下車し、徒歩約10分の場所にあり駐車場も完備しています。車で訪問する際は、岐阜環状線の城東通3交差点を東へ200m行った場所ですので、見つけやすいです。加納城東店は数多いおたからやの中でも特別優良店に認定されており、豊富な買取実績と信頼できる査定で、安心して利用できる買取専門店といえます。店頭買取の他、出張や宅配での買取にも応じてくれるので利用しやすいでしょう。

2-4.買取半蔵 各務原店


	買取半蔵 各務原店


買取店名
買取半蔵 各務原店
WEBサイト
https://k-hanzou.com/purchase_item.html#oldcoin
SATEeee古銭買取事務局から一言!買取半蔵 各務原店のここがおススメ!
買取半蔵は岐阜県内に4店舗を構える買取専門店です。中でも各務原店は買取の他に販売も実施しているため、入りやすい雰囲気作りに力を入れています。買取半蔵は豊富な知識と経験を活かし、圧倒的な情報力で高価買取を実現していることを自負しており、「他店と比べてから最後に来店してほしい」とまで明言しているほどです。価値の判らない古銭や状態の良くない古銭でも、プロの査定士がしっかりと査定してくれるので安心です。店頭買取の他、郵送での買取も実施しています。

2-5.おたからざんまい


	おたからざんまい


買取店名
おたからざんまい
WEBサイト
https://otakarazanmai.com/shop/
おたからざんまいの買取実績

中華民国九年の袁世凱銀貨
買取ジャンル: 銀貨
中華民国発行の袁世凱肖像銀貨は、辛亥革命後の1914年に出された国幣条例により発行されました。「袁世凱像幣」と呼ばれるこの銀貨は、0.72両の計数貨幣です。その品位は900で純銀含有23.97gとされましたが、実際は品位が890で純銀含有23.61gに留まっています。この銀貨の発行は、国内でも通用する通貨改革を目指したものですが、定着はしませんでした。表面には袁世凱の横向き肖像と発行年が、裏面には額面がそれぞれ刻印されています。


古銭 明治一分銀
買取ジャンル: 古銭
1868年5月に維新政府は従来の銀座を接収し、太政官に設立された貨幣司により、1869年3月まで旧幕府発行の一分銀を踏襲した一分銀および一朱銀を鋳造しました。この時に発行された貨幣司一分銀の特徴は、裏面の「常」という字の上部が「川」の字のように見えることで、川常一分銀と呼びます。鋳造期間が明治に改元された後も続くので明治一分銀とも呼ばれます。明治一分銀は、従来の一分銀に対して一般的に質が劣り亜鉛を含むものがあります。しかしながらこの明治一分銀とされるものにも銀90%程度の良質なものも存在しており、その詳細については不明です。


帯付百円札
買取ジャンル: 古銭
百円紙幣とは、日本銀行兌換銀券及び日本銀行兌換券の1つです。その種類は全部で8種類ですが、現法律上で有効なのはA号券とB号券の2種類だけです。A号券は新たなデザインを用意する時間的余裕が無かったため、表裏とも「い号券」の彩色を変更して流用されました。旧券との識別のために表面中央下に赤色の新円標識である瑞雲が入っています。B号券は板垣退助の肖像を採用し、従来のものより小さいサイズにされました。発行はB券の中では一番遅く1953年です。その後、1966年には百円紙幣の廃止が閣議決定され、1974年よりB百円券も日銀からの支払いが停止され硬貨へと移行します。帯付きとは銀行から払い出されるときに100枚ずつ紙帯で巻かれた状態のままのものを指します。


SATEeee古銭買取事務局から一言!おたからざんまいのここがおススメ!
おたからざんまいは岐阜市福光東に店舗を構える買取専門店です。名鉄長良上天神バスターミナルから近く、公共交通機関を利用しても行きやすい場所にあります。店頭買取の他、出張での買取にも対応していますので便利です。大通りに面した店舗前には専用駐車場もあり、気軽に立ち寄れる買取専門店といえるでしょう。多くの実績を持つ査定士により、価値の判らない古銭でも丁寧に査定してもらえます。営業時間は9時から17時までで、定休日は日曜日です。

[area_text]

岐阜県の古銭買取まとめ

今回紹介した「おたからや」や「モノループ」などのように、岐阜県内だけでなく全国でも数店を展開している買取店や「おたからざんまい」のように岐阜県内に特化した買取店など、買取業者ごとに様々な特徴があります。買い取れる品物の種類も買取業者ごとで異なり、古銭に専門特化している業者もいれば、「買取半蔵」のように多様な品物を買い取れる場合もあるのです。もし「1店舗の買取店の査定では不安だけど、複数店舗を探すのも大変!」とお思いの方は、SATEeee(サテイ―)を試してみてください。SATEeee(サテイ―)の古銭買取では、写真をとって専用のページにアップするだけで、複数の店舗の買取価格を簡単に比較できます。岐阜県で不要になった古銭の売却を検討している方は、ぜひ一度、一括査定のSATEeee(サテイ―)をご利用ください。