現代貨幣(げんだいかへい)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.現代貨幣を売りたいお客様へ

現代貨幣は、現在日本で発行され使用されている硬貨や紙幣のことを指します。通常は額面通り使用されるものですが、中には額面以上の価値を有するものもあり、高値で取引されることがあります。このページでは、現代貨幣の歴史や買取査定ポイントなどについて解説していきます。

2.現代貨幣についての解説

通常の現代貨幣は、現代人のお財布の中に入っているような硬貨や紙幣などを指します。額面通りの価値のものが多いですが、穴の位置にズレのあるエラーコインや印刷にミスがあるエラー紙幣は、通常のものと違い買取市場などで特に希少価値のある貨幣として取引されています。一般的にもよく知られている、ふちにギザギザのある十円玉(ギザ十)はエラーコインではありませんが、場合によっては額面以上の値段で買取となることも多いです。

3.現代貨幣の歴史

現代貨幣の中で、一番古くから発行されているものは1円アルミニウム貨幣で、昭和30年(1955年)に発行がスタートしました。そして、昭和34年(1959年)になると5円黄銅貨幣、10円青銅貨幣の発行が始まり、昭和42年(1967年)には50円白銅貨幣、100円白銅貨幣が発行されます。平成12年(2000年)に二千円券、平成16年(2004年)に現行デザインの千円券、五千円券、一万円券が発行されました。

4.現代貨幣の買取査定ポイント

買取査定において、一番重要なのは希少性の高さです。珍しい状態のエラーコインやエラー紙幣、記念硬貨などであるかどうかは非常に重要です。エラーコインには、穴なしや穴ずれ、裏写りや影打ちなどさまざまな種類があります。そして、エラー紙幣には、両面に肖像画が印刷されているものなどが存在します。また、どのような現代貨幣でも、状態は良い方が高値となるでしょう。

代表的な査定ポイント
  • エラーコインやエラー紙幣であるか
  • コンディションの良い美品かどうか
  • ゾロ目や連番の紙幣であるかどうか
  • 流通量が少なく希少性の高いものかどうか
  • キズや摩耗が少ないかどうか
  • 発行枚数の少ない年代の貨幣かどうか

5.現代貨幣の取引相場価格

取引相場価格は、種類や発行された年代によっても差が出ます。特に価値が高いとされているのは、昭和50年以外の年に発行された穴なしコインです。状態などによっては100万円以上の値がつくことも期待できます。通常の穴なしコインは20万円以上が目安となり、両面が同じデザインになった影打ちも20万円以上、穴ズレコインは5万円以上の査定となるでしょう。また、オークションでは、両面に肖像が印刷された1万円札に74万円の値段がついたこともあります。

6.現代貨幣の買取についてのまとめ

現代貨幣は、現在も発行され使用されている硬貨、紙幣です。穴なしコインなどは非常に珍しく、場合によっては100万円以上の価値がつくことが望めます。エラーコイン、エラー紙幣の他にも、ゾロ目や連番、希少な発行年代の貨幣をお持ちであれば、ぜひ査定に出されてみてはいかがでしょうか。

7.現代貨幣の主な種類

エラーコイン、エラー紙幣、ゾロ目紙幣など高値の査定につながる現代貨幣は数種類あり、その種類や発行年などによっても取引相場価格はさまざまです。それぞれの詳細について、気になる方は下記のリンクから各ページに進んでチェックしてみてください。

その他の現代貨幣について

現代貨幣
1円アルミ貨| エラーコイン| エラー紙幣| ゾロ目紙幣|
500円硬貨
500円白銅貨| 500円ニッケル黄銅貨|
100円硬貨
桜100円白銅貨| 鳳凰100円銀貨| 稲100円銀貨|
50円硬貨
50円白銅貨| 菊穴ナシ50円ニッケル貨| 菊50円ニッケル貨|
10円硬貨
10円青銅貨(ギザあり)| 10円青銅貨(ギザなし)|
5円硬貨
5円黄銅貨(楷書体)| 5円黄銅貨(ゴシック体)| 穴ナシ5円黄銅貨|