丁銀(ちょうぎん)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.丁銀を売りたいお客様へ

丁銀は、室町時代後期から明治維新までの間に使用されていた銀貨です。その都度切り分けて使用するもので、商いの街であった大阪などで使われていたとされています。種類によっては、1,000万円を超える査定結果も期待できる古銭と言えるでしょう。この記事では丁銀の歴史や査定においてのポイント、取引相場価格などについて説明していきます。

2.丁銀についての解説

この銀貨は使用の際に必要な分をカットして使用するため、なまこ型と呼ばれる棒状の形をしています。また切り取った時に丁銀であることがわかるように、極印がいたるところに押されていました。銀を中心にその他の金属が含まれている丁銀ですが、その品位は種類によってさまざまです。商いが盛んであった大阪や西日本を中心として、北陸や東北など広く流通しました。

3.丁銀の歴史

慶長6年(1601年)に伏見銀座から、慶長丁銀がつくられると、その後は江戸幕府によって品位を定められた丁銀の発行が始まりました。元禄8年(1695年)になると、貿易や出費が増えたことによって政府の財政が底を尽きてしまい、流通していた丁銀を回収し銀品位を下げてまで鋳造し直すことが求められるほどでした。その後も貨幣改鋳が頻繁に行われ、豆板銀の普及にともなって切遣いが停止。明治元年(1868年)に豆板銀とともに通用が停止されてしまいます。

4.丁銀の買取査定ポイント

買取査定ではコンディションがとても重要なポイントです。丁銀の場合は、切り取って使用する銀貨であるため切り取られた跡があるものよりも、切られていないものの方が高値となるでしょう。また、同じ種類の丁銀であっても、極印の数が多いものは高額で取引が行われます。

代表的な査定ポイント
  • 保存状態が良く摩耗が少ないかどうか
  • 鑑定書がついているかどうか
  • 極印が多いかどうか
  • コンディションの良い美品かどうか
  • 銀を多く含んでいるかどうか
  • 大きさや重さはどれくらいのものか(重く大きいほど高額になりやすい)
  • ほとんど流通しておらず、希少性のあるものかどうか

5.丁銀の取引相場価格

丁銀の取引相場価格は種類や状態によっても大きく差があり、2万円前後に収まるようなものから、1,000万円以上の価格がつくものもあります。特に価値の高い丁銀は、慶長丁銀の沢瀉丁銀で、状態が悪い場合でも150万円から300万円前後の目安で、状態が良い場合は700万円から1100万円という高額査定も望めるでしょう。また、宝永永字丁銀も高い価値を持ち、状態が悪いものでも120万円から250万円程度、良い場合には400万円から700万円程度が目安となります。

6.丁銀の買取についてのまとめ

この銀貨は棒状の形が特徴的で、切り取って使用するため額面は記されていません。また、高額な銀貨であったため、日常では使用されず包銀や高額の支払いに使用されました。現在では非常に価値のある古銭のため、丁銀をお持ちの方はぜひ、査定に出されると良いでしょう。

7.丁銀の主な種類

丁銀には石州丁銀、慶長丁銀、沢潟丁銀、元禄丁銀などのほか、非常に多くの種類があります。どれも銀品位や打たれている極印、大きさなどが異なり、その価値もさまざまです。気になる方は下記のリンクをクリックして是非確認してみてください。

その他の丁銀について

丁銀
石州丁銀 | 慶長丁銀 | 沢潟丁銀 | 元禄丁銀 | 宝永二ツ宝丁銀 | 宝永永字丁銀 | 宝永三ツ宝丁銀 | 宝永四ツ宝丁銀 | 享保丁銀(正徳丁銀) | 元文丁銀 | 文政丁銀 | 天保丁銀 | 安政丁銀 |