中国貨幣(ちゅうごくかへい)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.中国貨幣を売りたいお客様へ

中国貨幣とは紀元前や春秋戦国時代など、かつて中国で流通していた貨幣のことです。古銭の種類によっては日本の買取市場でも多く取引され、市場で流通の少ない品については希少価値が高いものもあり、高価な買取に繋がる場合もあるでしょう。このページでは、中国貨幣の歴史や代表的な査定ポイント、取引相場価格などについて解説していきます。

2.中国貨幣についての解説

中国貨幣は種類によって形も多種多様で、円形の永楽通宝や鋤の形をした布貨、刀の形をした刀銭など、日本の古銭では見かけないような珍しい形の貨幣もあります。中国の古銭を集めるコレクターは国内には少なく、買取市場やオークションなどでも流通が少ない品といえます。ただし、国内で高値とならない中国貨幣でも、海外のコレクターからの人気が高い場合には、相場価格よりも高値で買取を行える買取業者も存在します。

3.中国貨幣の歴史

殷の時代には、貝殻を貨幣として使用していましたが、紀元前770年から紀元前221年ごろの春秋時代になると青銅貨幣を使用するようになります。中国が統一されるまで使用されていた貨幣の種類は地域によって異なりましたが、統一後は穴の空いた環銭という貨幣に統一されることとなります。10世紀の北宋時代には世界初の紙幣である交子が発行されるなど、その後も様々な貨幣が鋳造されました。

4.中国貨幣の買取査定ポイント

希少性が高く珍しい硬貨や紙幣は、高値で取引が行われます。また、キズや汚れ、折り目などが少ない美品は高く評価され、取引相場価格の中でも高額な値段で買い取りが行われるでしょう。ただし、希少価値が非常に高いものは、状態の良し悪しに関わらずかなりの高額査定が期待できます。

代表的な査定ポイント
  • 摩耗が少なく図案などがはっきり見えるかどうか
  • 流通量が少なめで、希少性があるものかどうか
  • 収集家からの人気が高い種類かどうか
  • 鑑定書が付属しているかどうか
  • コンディションの良い美品かどうか

5.中国貨幣の取引相場価格

取引相場価格には大きな幅があり、ほとんど価値のないもの、また数百円のものから数十万円ほどの価値のものまで様々です。咸豊通宝という種類は特に価値が高く、数万円前後から35万円ほどが目安となります。中央造幣局金錠も価値が高く、18万円前後を目安に取引されています。また、三字刀も数万円から15万円ほどで取引されることが多く、4文字以上が書かれた刀銭であれば、さらに価値は上がります。

6.中国貨幣の買取についてのまとめ

中国貨幣には、日本では見かけないような形の貨幣もあり種類も豊富です。日本であまり流通していないものの、価値の高い中国貨幣も数種類あり、35万円ほどの高額査定になることもあります。もし、中国貨幣をお持ちであれば、ぜひ査定を検討されることをおすすめします。

7.中国貨幣の主な種類

青銅貨幣、環銭、宋銭、咸豊通宝、中国古紙幣など、その他にも数多くの種類があります。形や希少価値もそれぞれ異なり、取引相場価格にも大きな差があります。中国貨幣についてもっと詳しく知りたい方は、下記のリンクをクリックして各ページで確認してみてください。