軍用手票(ぐんようしゅひょう)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.軍用手票を売りたいお客様へ

GHQや政府から発行され、戦時中に現地で使用されていた擬似紙幣です。日本だけでなくアメリカやイギリスでも使用されていました。種類によっては、数十万円で取引が行われることもある貴重な紙幣です。このページでは軍用手票の歴史や、取引相場価格などについて解説します。

2.軍用手票についての解説

この紙幣は省略して軍票と呼ばれることも多く、戦時中に作られた紙幣のため、簡単な1色刷りや2色刷りのものが多いです。基本的には通貨に代わる手形、代用の貨幣として軍隊が使用しており、戦時中には食料や物資を調達するときの支払いに使われていました。また、軍票を所有している者に対して、最終的に政府が債務を支払わなければなりませんが、敗戦国など支払い能力がない場合には反故されることもありました。

3.軍用手票の歴史

日本の軍票は、1877年(明治10年)に発行された、西南戦争中の西郷札が始まりです。その後、1895年(明治28年)の日清戦争や1904年(明治37年)の日露戦争、でも占領地にて発行されていました。太平洋戦争のときには中国、東南アジアから発行されており、通貨単位もさまざまなものが存在していました。

4.軍用手票の買取査定ポイント

本紙幣は戦時中の疑似紙幣ですが、買取査定においてのポイントは通常の紙幣と同じです。回収量が多く希少性の高いものは、比較的高値で取引されます。また、折り目や汚れなどが少なければ少ないほど高く評価され、連番のものやゾロ目、エラー紙幣などであれば相場の何倍もの価値がつく可能性もあります。

代表的な査定ポイント
  • 鑑定書があるか
  • 希少性の高い紙幣であるか
  • 破れや折り目、汚れの少ない美品か
  • 連番やゾロ目の珍しい紙幣か
  • 劣化を防ぐため密閉されたケースなどで保存されていたか
  • 裁断ミスや印刷ずれがあるなどのエラー紙幣か

5.軍用手票の取引相場価格

種類が豊富にあるため、取引相場価格も種類によってかなり異なります。中でも日清戦争軍票は希少価値が高く、もし発見されれば数百万円から数千万円で買取が行われる可能性もあるでしょう。また、シベリア出兵軍票の取引相場価格も高額で、状態が良ければ50万円前後が目安となります。最初の軍票である西郷札は、数万円から10万円以上を目安として取引されることが多いです。

6.軍用手票の買取についてのまとめ

戦時中、現地で食料などを購入するときに使われていた紙幣です。形や記載されている文字、印刷も通常の紙幣とは異なる点も多くあります。種類によってはプレミアがつくほど珍しいものも存在し、数百万円以上の査定結果も期待できるでしょう。もし、お持ちであればぜひ一度、査定に出してみてはどうでしょうか。

7.軍用手票の主な種類

軍用手票には多くの種類が存在し、西郷札、日露戦争軍票、大東亜戦争軍票などがあります。様々なデザインがあり、取引相場価格も数百円ほどから数百万円と幅広いです。詳細が知りたい方は、ぜひ下記のリンクから確認してみてください。

その他の軍用手票について

軍用手票
承恵社札 | 西郷札 | 日清戦争軍票 | 日露戦争軍票 | 青島出兵軍票 | シベリア出兵軍票 |
日華事変軍票丁号
甲号 | 乙号 | 丙号 | 丁号 | 戊号 | ろ号 |
大東亜戦争軍票
は号+現地刷 | に号+現地刷 | ほ号+現地刷 | へ号 | と号 |
在日米軍軍票
在日米軍軍票 A1円券 | 在日米軍軍票 B20円券 |