在外銀行券(ざいがいぎんこうけん)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.在外銀行券を売りたいお客様へ

在外銀行券は、大日本帝国に占領された朝鮮、台湾、そして満州国で使用された銀行券です。日本国内に大量に持ち込まれ、インフレとなるのを防ぐために発行されました。このページでは、在外銀行券の種類や歴史、査定の際のポイントや取引相場価格などについて詳しく解説します。在外銀行券の種類によっては、数十万円の査定価格になることも期待できるでしょう。

2.在外銀行券についての解説

在外銀行券は長方形の紙幣であり、その大きさは縦85mm×横168mmや、縦92mm×横162mmなど種類によって多少異なります。また、中には縦向きの紙幣も存在します。その価値は種類や額面によって大きく変わり、種類や保存状態にもよりますが、流通量が少なく希少価値が高いものであれば50万円前後の査定価格も期待できます。

3.在外銀行券の主な種類

在外銀行券には、満州中央銀行券、台湾銀行券、朝鮮紙幣(韓国銀行券)など、数種類が存在し、額面も種類ごとに違ってきます。未発行1,000円紙幣なども存在し、取引相場価格は異なります。種類ごとの詳しい査定相場価格が気になる場合は、ぜひクリックして詳細を確認してみてください。

4.在外銀行券の歴史

かつて日本が占有していた外地で発行された銀行券を在外銀行券と呼称します。敵対国に紙幣が没収され、日本国内に持ち込まれた際にインフレが起こることを懸念して作られました。満州中央銀行券は満州国が存在した1932年、台湾銀行券は1897年、朝鮮銀行券は1902年から発行され、いずれも終戦した1945年まで使用されました。

5.在外銀行券の買取査定ポイント

在外銀行券の買取査定では、保存状態が非常に重要です。しわや折り目、汚れが少なく、保存状態の良い紙幣であれば高値の査定もぉたいできるでしょう。在外銀行券の場合、額面が高いものであれば、高額な査定結果が得られる可能性が高くなります。また、未使用品であるどうかも、大切なポイントです。

代表的な査定ポイント
  • 破れや折り目の少ない美品かどうか
  • 額面が高いかどうか
  • 劣化を防ぐため密閉されたケースなどを使用して保存しているか
  • 1,000円紙幣や未発行1,000円紙幣などの希少価値の高いものかどうか
  • 未使用品であるかどうか

6.在外銀行券の取引相場価格

在外銀行券の査定価格には種類によって幅があり、満州銀行券の中でも希少価値の高い1,000円券などは20万円程度の査定になることもあります。また同じく1,000円の台湾銀行券は種類にもよりますが10万円~30万円程度が見込めるでしょう。未発行の朝鮮紙幣1,000円券になると絵柄などで査定価格が変動し、10万円~80万円と価格にかなり幅があります。台湾銀行券の中でも希少価値の高い5円銀券などは100万円を超えることも期待できます。

7.在外銀行券の買取についてのまとめ

在外銀行券の中でも希少価値の高い額面のものは高額の査定が期待できます。在外銀行券には多くの種類があり、流通量や情報が少なく、正確な判断をするのが難しい紙幣になります。紙幣の種類によっては高値につながることもございますので、在外銀行券をお持ちであれば、ぜひ一度査定に出してみることをおすすめします。

その他の在外銀行券について

在外銀行券
満州中央銀行券
改造券  | 甲号紙幣 | 乙号紙幣 | 丙号紙幣 | 丙改紙幣 | 丁号紙幣 | 丙改券 1,000円 |
台湾銀行券
台湾銀行券 1円銀券 | 台湾銀行券 旧金券 | 台湾銀行券 改造券 | 台湾銀行券 甲紙幣 | 台湾銀行券 乙紙幣 | 台湾銀行券 現地刷紙幣 | 台湾銀行券 支払手形 |
朝鮮紙幣
株式会社第一銀行券 旧金券 | 株式会社第一銀行改造紙幣 | (旧)韓国銀行券  | 朝鮮銀行券  | 朝鮮銀行支払手形  | 朝鮮総督府印刷 朝鮮銀行支払金票  | 内閣印刷局 朝鮮銀行支払金票  | 朝鮮銀行券 改造紙幣 | 朝鮮銀行券 甲紙幣  | 朝鮮銀行券 乙紙幣  | 朝鮮銀行券 丙紙幣 | 朝鮮銀行券 丁紙幣 | 朝鮮銀行券 戊紙幣 | 朝鮮銀行券 未発行券 |