在外貨幣(ざいがいかへい)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.在外貨幣を売りたいお客様へ

在外貨幣は、戦時中日本が占有していた満州や朝鮮、中華民国の一部などでそれぞれ作り上げた、通貨の総称です。その金銭としての価値は戦争終結時に失われましたが、歴史的価値の高い貨幣になります。このページでは、在外通貨の種類や歴史、査定の際のポイントや取引相場価格などについて詳しく解説します。在外貨幣の種類によっては、数十万円の査定価格になることも期待できるでしょう。

2.在外貨幣についての解説

在外貨幣にはさまざまな種類があり、大きさや色、材質なども貨幣の種類によって違ってきます。満州国貨幣や親日派の設立した中国の銀行が発行した白銅貨など歴史的価値は高く、種類によっては30万円~50万円の査定価格も期待できます。また、希少価値の高い貨幣であれば百万円を超える査定価格も考えられます。

3.在外貨幣の主な種類

在外貨幣には朝鮮貨幣、満州国貨幣、華興商業銀行貨幣、冀東政府貨幣などがあります。材質もアルミ貨、銅貨、白銅貨などさまざまです。種類や希少価値によって取引相場価格は異なります。種類ごとの詳しい査定相場価格が気になる場合は、ぜひクリックして詳細を確認してみてください。

4.在外貨幣の歴史

在外貨幣は戦時中、日本の支配が及ぶ中国の地域や朝鮮、台湾、モンゴルなどで、親日派が設立した銀行によって発行された貨幣です。貨幣価値の裏付けがないままに、これらの貨幣は際限なく発行されていきました。戦争が悪化し、日本の戦況が悪くなると大量の通貨は壊滅的なインフレを発生させることとなり、貨幣の質が徐々に悪化しました。

5.在外貨幣の買取査定ポイント

在外貨幣の買取査定では、貨幣の種類が非常に重要です。希少価値の高い在外貨幣であれば高値の査定になるでしょう。在外貨幣の材質や発行年、発行元により、高額な査定結果が得られる可能性が高くなります。また、キズや摩耗が少なく美品であることも大切なポイントです。

代表的な査定ポイント
  • キズや摩耗の少ない美品かどうか
  • 希少性の高い発行元や発行年かどうか
  • 市場に流通していた貨幣かどうか
  • 鑑定書の有無
  • 劣化を防ぐため密閉されたケースなどを使用して保存しているか

6.在外貨幣の取引相場価格

在外貨幣には多くの種類がありますが、満州国貨幣であればアルミ貨であっても3万5千円程度の値が付くことも考えられます。また、冀東政府発行の貨幣であればオークションなどでは額面の低い銅貨や白銅貨なども、5千円から1万5千円といった高値で落札される事例もあります。種類の多い在外貨幣はオークションなどでは2枚一組や3枚一組など、何種類かまとめて出品されることも多い貨幣です。

7.在外貨幣の買取についてのまとめ

種類によっては希少で価値が高く数十万円から百万円ほどの査定額になることもある在外貨幣です。種類が多いため、高額査定が期待できる貨幣を見分けるのは困難です。発行元によっては安くても数十万円の査定額も期待できます。在外貨幣をお持ちであれば、ぜひ一度査定に出してみることをおすすめします。

その他の在外貨幣について

在外貨幣
冀東政府貨幣 | 蒙疆銀行貨幣 5角白銅貨 | 中国聯合準備銀行貨幣 アルミ貨 |
満州国貨幣
1角 | 5分 | 1分 | 5厘銅貨 |
朝鮮貨幣
李氏朝鮮1円銀貨 | 旧韓国銅貨(文) | 旧韓国銀貨 | 李氏朝鮮銅貨 | 旧韓国銀貨  | 旧韓国金貨 | 旧韓国銅貨(銭) |