大判(おおばん)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.大判 の古銭を査定・買取希望のお客様へ

大判は、安土桃山時代から江戸時代にかけて使用されていた金貨の一種です。その価値は時代によって変化し、主に儀礼や贈り物などに使われていました。このページでは、大判の種類や歴史、査定の際のポイントや取引相場価格などについて詳しく解説します。大判の種類によっては、数千万円の査定価格になることも期待できるでしょう。

2.大判 の見た目の特徴などを解説

大判とは、金塊を槌で叩いて薄く伸ばした延金貨幣で、16世紀以降に日本で作られたものの総称です。形は楕円形で、大きさは縦約143mm、横約84mmと大型で、重さは165g前後。その価値は高く、種類や保存状態などにもよりますが、4,500万円程の査定価格がつくことも期待できます。大判はどの種類でも価値があり、どのような状態のものであっても数百万円以上の査定になることがほとんどです。

3.大判 の代表的な種類を紹介

大判には、天正大判金、慶長大判金、元禄大判金、享保大判金、天保大判金、万延大判金など、数多くの種類があり、ぞれぞれの取引相場価格は異なります。種類ごとの詳しい査定相場価格が気になる場合は、ぜひクリックして詳細を確認してみてください。

4.大判 が発行された歴史・時代背景

大判が登場するまでの大口取引の際には、砂金と呼ばれる砂状の金が使用されていましたが、戦国時代の頃になると両替や金細工を行う金屋が登場し、金塊を槌で叩いて伸ばした判金が登場しました。戦国時代は、高額の支払いや戦で功績を挙げたものに対しての褒美として用いられ、江戸時代に入っても、恩賞や贈答には大判が使用されていました。

5.大判 の古銭査定ポイントはこちら

大判の買取査定では、保存状態が非常に重要です。キズや摩耗が少なく、墨書がくっきりと残っている大判であれば高値の査定になるでしょう。大判を購入した際の保存用の木箱などが付属している場合も、高額な査定結果が得られる可能性が高くなります。また、真品であることを証明する鑑定書が付属しているかどうかも、大切なポイントです。

対象古銭の査定ポイント
  • キズや摩耗が少なく墨書がしっかりと残っているかどうか
  • 状態が良い美品であるかどうか
  • 流通量が少なく、希少性の高いものかどうか
  • 鑑定書が付属しているかどうか
  • 保存用の木箱などが付属しているか

6.大判 の取引相場価格や高額査定について

大判はとても価値が高く、安いものでも200万円ほどで、高いものでは数千万円になることもあります。中でも慶長大判金は高額で2,500万円から4,500万円ほどの高額査定になることが考えられ、墨書がしっかりと残っていれば、それ以上の高値になることもあります。また、天保大判金は希少価値が高く、安くても500万円前後、状態が良いと1,000万円程になることも期待できます。

7.大判 の査定・買取希望についてのまとめ

非常に価値が高く数千万円の査定額になることもある大判は、積極的に買取が行われます。多くの種類がありますが、どの大判も高額査定が期待でき、安くても数百万円程の査定結果になることが見込めます。大判をお持ちであれば、ぜひ一度査定に出してみることをおすすめします。

その他の大判について