フランスマリアンヌ・ルースター金貨の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.フランス マリアンヌ・ルースター金貨を売りたいお客様へ

フランス マリアンヌ・ルースター金貨は1900年代の初頭に発行されたフランスの金貨です。フランスという国は金に対する選好の強い国としても知られていて、数多くの金貨が発行されました。フランス マリアンヌ・ルースター金貨は古い金貨ですので状態の良いものでしたらアンティークコインとして高値での買取が期待できますし、金のレートが上がっていることもあって売るタイミングとしては今が最適かもしれません。

2.フランス マリアンヌ・ルースター金貨についての解説

フランス マリアンヌ・ルースター金貨はオモテ面にフランス共和国を擬人化した「マリアンヌ」という女神の姿が刻印されていて、ウラ面にはフランスを象徴する雄鶏の「ルースター」がデザインされています。マリアンヌの肖像は「アール・ヌーヴォー方式」という発行当時に流行していた様式のデザインとなっていて、アンティークとしての価値も高いコインとしても人気があります。

3.フランス マリアンヌ・ルースター金貨の歴史

フランス マリアンヌ・ルースター金貨はフランスの第三共和政時代に発行された金貨で、1907年から1914年まで製造されていました。総数で1,700万枚ものフランス マリアンヌ・ルースター金貨が鋳造されましたが、これは金がインフレに強い商品として貯蓄する方がフランスには多かったことが由来しています。金の純度が90.0%以上と現在では低い数字になっていますが、今でもこの金貨を貯蓄目的で収集する方もいるそうです。

4.フランス マリアンヌ・ルースター金貨の希少価値

フランス マリアンヌ・ルースター金貨は発行年度の古い金貨ですが、発行された枚数が多かったこともあってグレードの高いものを除けば希少価値はそれほどなさそうです。ただし、グレードの低いものであっても純度90.0%の金の価値は変わりませんので、金のレートが高騰している今でしたら高い価格が付きます。20フラン貨幣で約6グラム、10フラン貨幣なら約3グラム相当の地金に当たると考えると価値も把握しやすいでしょう。

5.フランス マリアンヌ・ルースター金貨の買取査定ポイント

フランス マリアンヌ・ルースター金貨は一般的な金貨と同様、金貨の汚れやシミが買取時の査定ポイントになります。また、アンティークコインとして価値があるほど状態の良いものでしたら地金相当以上での買取も期待できるでしょう。

  • 金貨に傷はないか
  • 保存状態は悪くないか
  • 変色はしていないか
  • 金のレートが高いときに買取してもらう

6.フランス マリアンヌ・ルースター金貨の取引相場価格

フランス マリアンヌ・ルースター金貨の取引相場としては、業者の買取額が参考になります。20フラン貨幣で2万円台、10フラン貨幣で1万円台というのが一般的です。また、ペンダントトップに使えるほど状態の良いものでしたら販売額で4万円台という値段が付いていますので、状態が良ければアンティークコインとして地金相当以上のプレミア価格での買取も期待できるかもしれません。

7.フランス マリアンヌ・ルースター金貨の買取についてのまとめ

フランス マリアンヌ・ルースター金貨はフランス第三共和政時代に発行された金貨です。フランスを象徴する女神と雄鶏がそれぞれの面にデザインされたこの金貨は今でも収集用に人気があり、状態の良いものを持っている方は地金相当以上の高値で買取してもらうことができます。当時の技術なので金の純度も90.0%以上と決して高くはないのですが、金の価格が高騰している現在でしたら意外な金額が提示されるかもしれません。買取に出す際は金貨の状態がチェックされますので、古い金貨ではありますが出来るだけ綺麗な状態を保っておくと良いでしょう。