面子銭(めんこせん)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.面子銭を売りたいお客様へ

題目銭は絵銭の一つです。絵銭は通貨の形をしていますが実は通貨ではなく、小児の玩具(めんこ等)や信仰の対象等として造られた通貨類似品のようなものだと言われています。種類も非常に多く、家紋や駒、その他故事にちなんだ図柄が彫られています。類似品と言っても愛好家は多く、種類や材質等によっては10万円を超える絵銭も沢山あります。

2.面子銭についての解説

面子銭は、名前の通りそのほとんどが子供の玩具であるめんこ遊び(穴一遊び)の道具として使われていました。材質は柔らかく厚みがあるものが大半で、見た目にも柔らかそうな印象を持たせるものが多くあります。図柄は多種多様ですが、面子として遊びやすいように裏面が平らになっているのが特徴です。

3.面子銭の希少価値

面子銭の多くはそれほど高い値が付くことがありませんが、大黒背寛永などは面子銭としては高い評価をされており、買取相場でも高値で推移しています。大きさはあまりなく2cmほどですが、大きさと比べて重さがかなりある面子銭となっています。

4.面子銭の買取査定ポイント

面子銭は、彫り込まれている図柄や保存状態によって買取査定が変わってきます。ほとんどのものが数千円程度で取引されていますが、大黒背寛永など比較的高い評価をされている面子銭では5,000円程度の査定がなされることもあります。

代表的な査定ポイント
  • 劣化を防ぐため密閉されたケースなどを使用して保存しているか
  • 鑑定書の有無
  • サイズ違いや刻印ががずれているなどのエラー硬貨かどうか
  • 希少性の高い図柄かどうか
  • 擦れやキズの少ない美品かどうか

5.面子銭の取引相場価格

面子銭の取引相場価格や、描かれている図柄や保存状態によって変わってきます。実際のインターネット市場ではほとんどの品が1,000円~3,000円程度で取引されている中、5,610の買取価格が付いたものもありました。厚さ 3,8mm、直径27,3mm、重さ 18,96gと比較的大型のサイズであり、「和同開珎」の四文字がデザインされているものでした。

6.面子銭の買取についてのまとめ

面子銭はバリエーションが多く、コレクションする方も多い絵銭です。大きさや刻まれている図柄によって評価に影響を受けるため、買取査定をお考えでしたら一度ご連絡いただき拝見させていただければ幸いです。また状態の良し悪しによっても買取価格は上下してくるため、お気をつけいただいた方が良いでしょう。

その他の豆板銀について