竹田銭(たけたせん)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.竹田銭を売りたいお客様へ

竹田銭は、寛永通宝の一つです。江戸時代に流通した古銭として知られており、現在でも江戸時代に興味を持っている方から関心を持たれています。買取市場においても寛永通宝は注目を集めており、竹田銭も大きな関心を持たれている状況です。

2.竹田銭についての解説

竹田銭は、信濃松本銭の名称で知られる寛永通宝の一つです。竹田銭は旧称であり、地名に国の名前を残す名目で信濃松本銭という名称になっています。特徴的なのは独特な書体であり、永の文字が扁平になっていたりと非常に独特な形になっています。もう一つ特徴として挙げられるのは、読み方です。竹田銭は『たけたせん』と読み、よく言われる『たけだ』のように濁らないのが特徴です。歴史的な名称は現在の主流と異なる読み方が多いですが、竹田銭はその一つといえるでしょう。

3.竹田銭の希少価値

竹田銭は、寛永通宝の一つですが、江戸時代では広く流通していたこともあり、現在でも数多くが残っています。そのため、希少性という意味では竹田銭は高いとはいえず、カタログ価格も極美品が1,000円という相場になっている状況です。一方で、より美しい状態を保っている通貨ならばこれ以上の価値が付く可能性があるので、しっかりと管理しておきましょう。

4.竹田銭の買取査定ポイント

買取市場においては、希少性の高さが話題になります。前述の通り、希少性が高いものはより高額の買取が期待できるので、良い状態かつ希少性の高い竹田銭を用意しましょう。

代表的な査定ポイント
  • 擦れやキズの少ない美品かどうか
  • 希少性の高い刻印かどうか
  • サイズ違いや刻印ががずれているなどのエラー硬貨かどうか
  • 鑑定書の有無
  • 劣化を防ぐため密閉されたケースなどを使用して保存しているか

5.竹田銭の取引相場価格

竹田銭は、買取市場においても積極的に取引されています。買取された竹田銭は数千円となっており、カタログ価格以上の価格で取引がなされた例もありました。最も高額な例では1万円となっており、たくさんの竹田銭を集めて売ればかなりの高額買取が期待できるでしょう。もちろん、状態が良いものが高額取引に至っているので、保管にも気を使いましょう。

6.竹田銭の買取についてのまとめ

独特の書体で大きな注目を集めた竹田銭は、現在でも古銭として価値を保っています。カタログ価格以上の取引例もあるので、高額買取を目指すならチェックしてみてはいかがでしょうか。

その他の豆板銀について