煕寧元宝(きねいげんぽう)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.煕寧元宝を売りたいお客様へ

煕寧元宝は、江戸時代に長崎で鋳造された長崎貿易銭のひとつです。銭文の書体は楷書体と篆書体がありますが、長崎貿易銭の中では鋳造数が少ないため貴重です。通用銭の並品は1,000円から2,000円が相場価格です。未使用の極美品なら、35,000円から70,000円の相場価格がついています。

2.煕寧元宝についての解説

煕寧元宝は、1659年から1685年まで長崎で鋳造された8種類の貿易銭の中の一つです。その中で鋳造された割合は少なく、市場には滅多に出回らないこともあり、コレクターのあいだでは人気があります。

3.煕寧元宝の希少価値

煕寧元宝は、長崎貿易銭として鋳造された中で、もともと数が少ないうえ国内では流通していなかったため見つかると貴重です。兵庫県神戸市で見つかったものが、東京国立博物館に所蔵されています。相場価格は、通用銭としての並品は1,000円から2,000円ですが、未使用の極美品では、35,000円から70,000円です。

4.煕寧元宝の買取査定ポイント

保存状態の良し悪しによっても査定金額は大きく変動するため、現状での貨幣の状態が重要になります。また、刻印がずれているものやサイズ違いなど製造過程で生じるエラー貨幣も希少性が高いため、高額での取引が期待できます。

代表的な査定ポイント
  • 鑑定書はあるか
  • 希少性の高い刻印なのか
  • サイズ違いなどのエラー貨幣か
  • 密閉された容器を使用して保存しているか
  • キズなどの少ない美品かどうか

5.煕寧元宝の取引相場価格

煕寧元宝は、インターネットのオークションサイトで見ると、ほとんどが中国などからの渡来品で、長崎で鋳造された煕寧元宝は市場に出回っていないようです。渡来品は、煕寧元宝含め5枚で15,154円で取引された実績があります。渡来品の書体は楷書体や篆書体などがありますが、長崎で鋳造された煕寧元宝は全てが篆書体です。

6.煕寧元宝の買取についてのまとめ

煕寧元宝は、鋳造数が少なく、市場にも出回らないような希少性の高い貨幣であるため、兵庫県や静岡県で出土したものは、東京国立博物館に所蔵されているほどです。長崎貿易銭はコレクターの間で人気ですが、その中でも煕寧元宝は更に人気が高いので、査定をお考えの方は、それ以上劣化がすすまないように密閉した容器などで保管するといいでしょう。

その他の豆板銀について