紹聖元宝(しょうせいげんぽう)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.紹聖元宝を売りたいお客様へ

紹聖元宝は、古銭の中ではコレクターに人気の高い長崎貿易銭のひとつで、市場価格は通用銭の並品が1,000円から2,000円で取引されています。未使用の母銭では35,000円から70,000円ですが、これは極美品の場合です。未使用でも、保存状態によって査定価格は大きく変動します。

2.紹聖元宝についての解説

長崎貿易銭は、江戸時代に長崎出島で鋳造されたオランダや中国との貿易専用の貨幣で、8種類全てが中国の宋銭がモデルになっています。紹聖元宝の銭紋の書体は、宋銭では行書体もありますが、長崎貿易銭の紹聖元宝は全てが篆書体です。サイズは直径24mm、重さ3.0から3.7gが平均サイズで、貿易銭の方がやや大きく、厚さも国内で流通していた当時の銅銭よりも厚みはなく、刻印の彫りも浅いのが特徴です。

3.紹聖元宝の希少価値

紹聖元宝は貿易専用に鋳造されたもので、国内での流通はなかったため市場に多くは出回っていません。その希少性の高さも、他の古銭に比べて長崎貿易銭がコレクターから根強い人気がある一因といえます。市場価格は、鋳造の基にした母銭が未使用の極美品で、35,000円から70,000円ですから、びっくりするような高額ではありませんが、古銭の中では充分に高額といえるでしょう。

4.紹聖元宝の買取査定ポイント

劣化しやすい銅銭の保存状態がどれだけいい状態で保管されているかという事に大きく左右されます。保存状態の良し悪しによっても査定金額は大きく変動します。また、鋳造過程における刻印のズレなど珍しいエラー貨幣は希少性が高いため高額での取引が期待できるでしょう。

代表的な査定ポイント
  • 希少性の高い刻印かどうか
  • 擦れやキズの少ない美品かどうか
  • サイズ違いや刻印がずれているなどのエラー貨幣かどうか
  • 鑑定書の有無
  • 劣化を防ぐため密閉されたケースなどを使用して保存しているか

5.紹聖元宝の取引相場価格

長崎貿易銭は中国の宋銭を見本に作られたため、宋銭との見分けが難しくなっています。ネットオークションを見ると、宋銭が多い中、紹聖元宝母銭が13,000円で落札されています。汚れや傷ありと表示されているので、やはり保存状態によっても取引価格は異なってくることがうかがえます。

6.紹聖元宝の買取についてのまとめ

古銭の中では人気のある長崎貿易銭ですが、素材は劣化しやすい銅なので、緑青で見た目が緑色にならないよう、保管には気を配ることをおすすめします。保存状態によっても査定価格はかなり異なってきます。

その他の豆板銀について