治平元宝(じへいげんんぽう)の買取相場価格を解説!古銭買取コネクトで一括無料査定

1.治平元宝を売りたいお客様へ

治平元宝は、長崎貿易銭の中では現存するものが極めて少ないため希少性が高く、買取に期待が持てるといえます。市場価格は並品の通用銭が5,000円からです。他の長崎貿易銭の市場価格が1,000円から2,000円という中、約5倍の違いがあります。

2.治平元宝についての解説

治平元宝は1659年から1685年まで長崎出島で鋳造された長崎貿易銭のひとつで貿易専用の貨幣です。8種類鋳造された長崎貿易銭の中で煕寧元宝と治平元宝は現存するもので最も少ないため市場にもほとんど出回っていません。大きさは直径24mm、重さ3.0から3.7gが平均サイズです。長崎貿易銭は全て中国の宋銭を見本にしているため、それぞれ宋銭と長崎貿易銭が存在します。鋳造された年代や材料、材料の割合、鋳造の仕方などが違うため、見た目も長崎貿易銭は赤身を帯びているという特徴があります。材料の一部に鉛を使用していますが、長崎貿易銭は対馬の鉛の影響で赤みを帯びるといわれます。

3.治平元宝の希少価値

治平元宝は煕寧元宝とともに長崎貿易銭の中で最も少ない貨幣です。それだけ希少性も高くコレクターにも人気が高いといえます。市場価格は母銭ですと15,000円程度、通用銭の並品は5,000円からとされています。

4.治平元宝の買取査定ポイント

保存状態によっても査定価格は大きく異なるため、現状を確認することは大切です。また、鋳造の過程で偶然できた刻印のズレやサイズ違いなど珍しいものは買取価格が上がる可能性があるポイントなので、確認が必要です。

代表的な査定ポイント
  • 刻印のずれなどのエラー貨幣か
  • 希少性の高い刻印か
  • 劣化を防ぐため密閉容器などに入れているか
  • 鑑定書の有無
  • キズなどの少ない美品か

5.治平元宝の取引相場価格

治平元宝は、長崎貿易銭の中で現存する数の少なさで煕寧元宝と並ぶくらい圧倒的に少ないとされますが、インターネットのネットオークションで、汚れやキズがある母銭が14,000円で落札されました。また、キズや汚れのある通用銭が3,600円で取引された実績があります。驚くほど高額ではありませんが、古銭の中では充分に高い取引価格です。

6.治平元宝の買取についてのまとめ

古銭などは状態の良し悪しによっても査定金額は大きく変動するため、保存の仕方は大切です。劣化しやすい銅銭は特に保管の仕方に気を配ることをおすすめします。

その他の豆板銀について